精神 障害 者 雇用 管理 ガイド ブック

Feby 8, 2020
精神 障害 者 雇用 管理 ガイド ブック

精神 障害 者 雇用 管理 ガイド ブック

精神障害者に対する雇用管理上のノウハウなどをまとめた事業主向けのガイドブックである。新規雇用における工夫や留意点、精神疾患の特徴と留意すべきポイント、企業の雇用事例、企業で働く精神障害のある従業員の事例、職場復帰における配慮と工夫など、精神障害者雇用に取り組む企業 ...

発達障害に関して、当事者、ご家族、支援者、自治体関係者等に向けて幅広い情報提供を行っています。仕事や就労支援、障害者雇用等に関するガイドブック・マニュアル等の資料を紹介しています。

目が見えなくなってきた従業員の雇用継続のために(企業の人事担当者、管理者の皆さまへ) ※冊子在庫なし. No.61(2019年3月) 地域関係機関・職種の連携による障害者の就職と職場定着の支援. No.60(2019年3月) 情報共有シート活用の手引 ※冊子在庫なし

精神障害者の雇用管理は、個人の状況を的確に把握した上での個別対応が基本ですが、まずは精 神障害者に共通する雇用管理上の配慮事項を理解することをお勧めします。

高齢・障害・求職者雇用支援機構(jeed)は、高齢者の雇用の確保、障害者の職業的自立の推進、求職者その他労働者の職業能力の開発及び向上のために、高齢者、障害者、求職者、事業主等の方々に対して総合的な支援を行っています。

障害を持つ方が支障なく働けるために、合理的配慮がなされる 障害者雇用の方への「合理的配慮」とは 「合理的配慮」とは、障害者が職場で働くに当たっての支障を改善するための措置をいいます。事業主に障害を持つ方に対して、「募集・採用時の配慮」、「施設の整備や支援者の配置 ...

障害のある方と一緒に働くために必要なのは、まさにその考え方だと思います。 このガイドブックが、障害のある方の雇用の後押しになれば幸いです。 発達障害者と共に働くなるほどガイドブック(全体版)(pdf:6,885kb) 仕様:a5サイズ カラー 37ページ

厚生労働省は、精神障害者の就労パスポートを来年度中に導入するようです。就労パスポートとは、一人ひとりの障害の状況などを盛り込んだ情報共有フォーマットのこと。2018年12月25日、大学教授や障害者の就労を支援する機関、企業の代表などが参加し「第1回精神障害者等の就労パスポート ...

精神障害者の就労の現場の様子が、よく伝わってきました。 ただ、精神障害者がどのような雇用形態で働いていて、どれくらいの給料を得ているかということについての記載が少なかったと思います。

精神 障害 者 雇用 管理 ガイド ブック